応仁の乱で没落した名家 斯波氏

スポンサーリンク

斯波氏の没落

斯波氏は室町幕府の管領を代々排出した家柄で、越前・尾張・遠江の三ヶ国の守護を任されていました。

斯波氏の没落は足利義政が家督相続に介入し、有力守護代に国を奪われたことから始まります。

斯波氏は応仁の乱の際、東軍・義敏と西軍・義廉の二つの陣営に別れて対立していました。斯波氏被官の朝倉孝景、甲斐敏光は東軍・義敏の勢力を越前から一掃します。

実力で越前を支配した朝倉孝景は、その後東軍に寝返ります。

越前を追われ没落した義廉1475年、尾張上四郡を支配下におく織田敏広によって尾張に迎え入れられます。

織田敏広は東軍についていた下四郡の織田敏定と争っていたため、権威を高める目的で義廉を守護にしようとしました。

越前を奪われた義敏も子の義寛、甲斐敏光ら反朝倉勢力とともに勢力を奪おうとしますが、朝倉氏に対抗できませんでした。

孝景没後、子の氏景は義廉の子・義俊を守護として迎えます。

尾張越前
応仁の乱での陣営東軍西軍
守護斯波義敏斯波義廉
守護代織田氏朝倉氏

一方、義敏・義寛親子は尾張下四郡の織田敏定に迎え入れられます。

敏定は清須城を本拠に織田敏広と対立していたため、義敏、義寛父子を守護とし自身の尾張支配の権威としていました。

義寛の子・義達は守護領国の遠江に今川氏が侵攻してきたため、戦いますが敗れてしまいます。

義達の子・義統は織田氏の傀儡であることに不満を持ち、守護代の織田信友の家老・織田信秀に接近しますが、信友に暗殺されます。

義統の子・義銀は清須城から逃げ、信長の居城・那古野城に入ります。

信長に奉じられた義銀は1555年に清須城を落とし、織田信友を討つことで父の仇を取りますが、尾張を統一した信長の傀儡であることには変わりはありませんでした。

その後、今川氏に内通していると疑われ尾張から追放されてしまい斯波氏は滅亡しました。

日本史
スポンサーリンク
rentarouをフォローする
スポンサーリンク
rentarouBLOG

コメント