カーナビアプリは車のナビ代りに使えるか問題

据え置きのカーナビって結構良いお値段しますよね。

平気で10万円とかしますし、地図データのアップデートにもお金かかります。

何より、純正ナビだと使い勝手が悪い場合もあります。

純正から社外ナビに変えようかと思っている人にスマホのカーナビアプリをおすすめいたします。

最近はスマホのカーナビアプリで良いのがあります。

そこで、スマホ(タブレット)を専用のカーナビとして使う方法と費用をどれくらい抑えれるのか、

ご紹介いたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カーナビアプリはYahoo!カーナビで十分

カーナビアプリはYahoo!カーナビ一択ですね!

無料で使用できるので、アプリをダウンロードして、

YahooのIDでログインするだけです。

Yahoo!のIDでログインすることで、渋滞情報を得ることができます。

また、自宅を登録しておくことで、外出先から帰宅する際に簡単にルート設定を行うことができます。

タブレット端末+0SIMで維持費はタダ

スマホだと画面が小さくて見辛いです。

そんな時には、モニター代りとしてタブレット端末を用意しましょう。

おすすめはdtab Compact d02-hです。

内蔵メモリ2Gで、動作も快適です。

次に、SIMカードですが、

月500MBまで無料で使えるnuroモバイルの0SIMがおすすめです。

使用目的はカーナビなので、動画再生やゲームなどやらないので、

通信容量としては十分です。

仮に500MB超えても、100MBあたり100円なので、維持コストはとても低いです。

まとめ

据え置きナビをタブレット+0SIMにした場合、

初期費用 タブレット端末代:¥12,000

0SIM:登録事務手数料¥3,000 SIMカード準備料¥394

合計:¥15,394

程度で抑えられます。

据え置きナビだったら、大体良いものを買おうとしたら、

¥100,000〜¥150,000くらいかかることを考えたら、

だいぶ安くできますね。

しかも、ナビアプリなら常に最新の地図データにアップデートできます。

カーナビアプリも一つの選択肢としていかがでしょうか。

以上、最後まで読んでいただきありがとうございます。

カーライフ
スポンサーリンク
rentarouをフォローする
スポンサーリンク
rentarouBLOG

コメント