戦国大名の家臣団について

鎌倉幕府により成立した武家政権は、御恩と奉公というつながりで主君と家臣を結びつけていました。しかし、室町時代中期から始まった戦乱はそれまでの武家社会の在り方を一変させます。戦に勝つことに特化した「家臣団」の成り立ちと進化についてまとめます。

スポンサーリンク

戦国大名の家臣団構成

戦国大名の家臣団は、寄親・寄子制度によって構成されました。甲斐の武田氏や駿河の今川氏をはじめ、守護大名から戦国大名へと成長した大名家の組織はその典型とされます。

戦国大名は、寄子を直接支配せずに、寄親を通じて間接的に家臣団の一部に取り込みました。

寄親が管轄する地域の寄子は、戦国大名の家臣でありながら、寄親の命令に従いました。その見返りとして、寄子は所領の保有を認められました。

寄親とは

寄親は家臣団組織の中で重臣、または一族として位置づけられました。

戦国大名の一門は、血縁や姻戚関係にある親族のことで、有能な一門は当主の名代として出陣しました。

譜代は、数代前から大名家に仕える家臣です。重要拠点の防衛や敗戦時の殿など信頼できる者にしか任せられない任務があります。

外様は、大名に従ってから日が浅く、合戦では最前線で戦い忠誠心を示すことが求められました。

戦国大名は寄子・寄親制度をピラミッド型に整え、その頂点に君臨することを目指しました。家臣たちは、領地との密着性が強く、中小規模の農業経営者でもあったため、領地の保有を認められる見返りとして主君に仕えるという意識がありました。

寄子とは

寄子は寄親に従い、軍役を提供します。

軍役の制度では、家臣の禄高(領地から収穫される米の年間収穫量)により、合戦において動員する兵士の数は定められました。鉄砲、弓、槍など所持する兵器や小荷駄(輸送)の数も詳細に規定されていました。

禄高によって変わる軍役

軍役とは武士が主君に拠出すべく課せられる軍事力や兵糧

知行は領地の支配者である大名より、家臣に認めた土地の支配圏のことです。家臣が父祖の時代から持っている場合は「安堵」され、家臣が軍功を立てると新たに土地を「宛行」されます。

安堵または宛行された土地で生産される米や穀物が家臣の主な収入となります。

その土地からいくら米が取れるかを計る基本単位が「石」です。

1石はおおよそ大人一人が1年で消費する量に相当します。1石の収量が上げられる田の面積を1反(991平方メートル)としていました。これを元に決定された知行が石高制と呼ばれました。

全国統一の石高制が使用されるようになったのは、秀吉が太閤検地を行ってからで、それ以前は貫高制と呼ばれる制度が広く使われていました。

大名は家臣に対し、石高制や貫高制により計算された知行に見合った軍役(=兵の供出)を義務付けていました。

100石級の軍役

100石前後の家臣は、騎馬と槍持、小荷駄持ちです。槍持ちには当主の弟や叔父などの親族があたります。

  • 小荷駄・・・兵器の予備、鉄砲の玉、食糧、消耗品などを輸送します。全軍の約3分の1を占めます。

500石級の軍役

戦国時代の軍勢は甲冑持ち、小荷駄持ち、馬の口取りなど軽武装の従者が多数です。従者には農民も多く、戦場では活躍を期待できませんでした。陪臣を15名ほど抱えられる知行です。

1000石級の軍役

禄高が1000石以上になると、複数の騎馬武者や鉄砲の配備、合戦での敵情視察や迂回攻撃など、独立した戦闘集団としての活躍が期待されました。

戦国大名の支配圏

戦国大名は守護大名よりも強大な統制力を持っていました。守護大名は実際に支配する在地勢力の領地に対し、直接的な軍事権や行政権を行使できませんでした。

これを「守護使不入」と言います。

戦国大名はこの守護使不入を排し、直接的な支配を行使できました。戦国大名は検地を行い生産力を把握し、臣従する家臣に知行として与えました。

知行を得た家臣は領地の生産に見合った軍役が課されます。それに従わない場合は、知行が没収されます。

また、知行地に対する行政権も戦国大名が掌握しました。

戦国初期では戦国大名の統制力は弱く、反抗する者も多くいましたが、調略や武力で従わせ知行を与えることで、主従関係を強め家臣団を作り上げます。

信長の兵農分離によって進化した軍隊編成

武士と呼ばれる職業のうち、専業武士はほんのわずかしかいませんでした。大名や直臣のうち有力家臣は専業武士でしたが、知行の少ない直臣や陪臣の多くは日頃は農業に従事し参陣の令が発せられると鎧をまとい槍を担いで出陣しました。

信長と対立した武田信玄、上杉謙信は強大な家臣団を築いていましたが、平時には農作業に従事する農民が多く、兵農未分離の状態にありました。

織田信長は自軍の兵を臨時の徴兵された兵ではなく、常備兵としました。足軽は農繁期に縛られることなく戦闘訓練を受けて能力を向上させました。

信長は居城を小牧山に移す際に新たな城下町を作り、そこに家臣の住居である武家屋敷も多数建設しました。

これにより、家臣たちは土地から切り離され専業武士となります。信長は家臣が徴発する足軽たちも城下町に住まわせました。

専業武士を増やすことで、日常的な集団訓練が可能になり、兵の戦闘力は格段に上がりました。また時期に関係なく出兵できるようになったので、敵対勢力より優位に立てる状況を作り出せるようになりました。

兵農分離により完成した最強の軍隊編成「備え」

数百名単位で編成される「備え」には鉄砲隊、弓隊、長槍隊、騎馬隊がバランスよく配置され、総大将が下命する任務を執行する戦闘集団としての役割が期待されました。

そのため、備えを指揮する侍大将の指揮能力が合戦の勝敗を左右しました。

1573年頃の織田軍団であれば、佐々成政や前田利家などの中堅家臣が侍大将として「備え」を指揮していました。

信長は家臣に対し、岐阜や安土の城下町へ移住させ統制力を強化します。

寄子・寄親制度では寄子が徴集した部隊を寄親ごとに編成したため、鉄砲、弓、長槍などの武器が分散し、その特性に適合した部隊の配置や指揮ができずに烏合の衆になるという弱点がありました。

信長の兵農分離と部隊の適切な配置による「備え」によって、他の戦国大名とは違った家臣団編成が可能となりました。

日本史
スポンサーリンク
rentarouをフォローする
スポンサーリンク
rentarouBLOG

コメント